木﨑昭写真集 いつもの処

kizaki-L

 生活のあらゆる場面で写真が撮られるようになった。しかし写真を楽しむより、他者を撮った写真はどこまで許されるかというような目で写真を見るようになっているのではないか。写真にとっても人にとっても幸なことではない。何年かまえ確かにあった、あっけらかんとした視線の交換が難しくなっている。しかしその場所こそが生きた世界である。人は誰も生活の場、自分の世界を作ろうとするが、自然としての人は、どこにいても大地に引きもどそうとする抗しがたい自然の力をうけているのだ、とこの写真を見ると思う。この写真は、見るものに被写体との尽きない対話を促す。 (編集構成・金瀬胖)

著者 木﨑昭
発行日 2018年2月15日
発行所 現代写真研究所出版局

印刷 (株)東京印書館
編集・構成 金瀬胖
アートディレクション 滝川淳
プリンティングディレクション 髙栁昇

定価2000円+税

AMAZONで購入できます

宮崎悦子写真集 なら時間

nara-L

著者 宮崎悦子

発行 現代写真研究所出版局

発行日 2017年10月15日

定価 2000円+税

現研BOOKS_2
B5変形カラー80頁 
古都奈良に住む人々と古都を訪れた人々の姿が生き生きと展開され、見る者に「奈良」発見の楽しみを与えてくれる写真集。著者の情況を瞬時に写し止める絶妙なスナップ技法が見どころ。編集構成は英伸三。

AMAZONで購入できます