飯倉豊啓写真集 静寂閑雅

iikura-L

著者 飯倉豊啓

発行日 2020年4月25日

発行所 遊人工房

編集構成 飯塚明夫

定価 2,000円+税

風景の深層への旅
写真家 飯塚明夫

写真集と写真展の構成のために、飯倉さんが8年に亘り撮影をつづけてきた裏磐梯の写真を繰り返し見ているとき、ふっと「風景の表層から深層への旅」という言葉が脳裏に浮かんだ。
飯倉さんの風景写真は北八ヶ岳から始まった。8年間撮りためた写真は「四季逍遥」(写真展・カラー)として花開いた。次に裏磐梯と向き合い「山光水色」(写真展・カラー)を開催している。そして今回の『静寂閑雅』(写真展・写真展・モノクローム)
カラーで表現した北八ヶ岳と裏磐梯の写真は、山の四季が綾なす色彩の世界と自然の息づかいを繊細な感性で捉えた魅力的な写真である。
しかし私は今回の『静寂閑雅』の「モノクロームの世界」に、より深い豊かな魅力を感じる。なぜだろうか。それは飯倉さんの写真表現が、日本の芸術家たちが古の昔より追求してきた「幽玄の世界」に、踏み込んでいるからだ。
「インスタ映え」や「絶景写真」等の、視覚的刺激の強い表層的写真がもて囃されている今、『静寂閑雅』は風景写真の原点回帰を促している。
この写真集は、風景を撮り始めてから今日まで16年間、飯倉さんが風景の深層をへと向かう旅を続けてきた証である。

buyit

上薗圭子写真集 鎌倉 花鎮め

img001 (2)

著者 上薗圭子

発行日 2020年4月8日

発行所 遊人工房

構成編集 飯塚明夫

デザイン飯嶋規之

定価 1800円+税

『鎌倉 花鎮め』に寄せて 
 写真家 飯塚明夫

上薗圭子さんが2冊目の写真集『鎌倉 花鎮め』を上梓された。
一冊目は『YOKOHAMA アフタヌーン』。港町横浜を、オトナの目線で捉えたしゃれたセンス溢れる写真集である。
今回の『鎌倉 花鎮め』は、横浜と同じ人気観光地の鎌倉が撮影地であるが、写真のテイストは大きく異なり、「鎌倉の歴史的風土が創り出した風景を深い感性で捉えた」写真集である。

その違いはどこから来たのか。私は鎌倉での「ある体験」が上薗さんの心中に眠っていた「巫女的要素」を覚醒させたと思っている。
上薗さんは2011年3月11日東北大震災がおきたとき鎌倉にいた。「山が動いた」と思った次の瞬間「桜の木」につかまり揺れに耐えたという。
その日以来「鎌倉は特別な場所になった」と告白している。
「桜の木の下には死体がうまっている」と梶井基次郎の言葉であるが、上薗さんはこの時、「桜の木の下で眠る鎌倉時代の霊たち」と幹を介して「交感」したのだ。
以来8年以上にわたり霊場鎌倉に通い、歴史的な知見も増やしながら、鎌倉時代への追慕の念のこもった写真集に結実させた。

この20数年の間に、阪神淡路大震災から東北大震災、熊本地震などが日本人の安寧を脅かし、頻発する豪雨災害や大型台風の襲来が多くの人々の命を奪っている。
このような状況は、「天変地異が続いた鎌倉時代と重なる」と上薗さんはいう。

『鎌倉花鎮め」は自然災害多時代に生きる現代の日本の人々へ、鎮魂の願いを込めた上薗さんからのフォトメッセージでもあるのだ。

buyit

たぬきのひるね-京ろうじ- 髙群美子

20191115154748-0001

著者 髙群美子

発行日2019年11月15日

発行所 現代写真研究所出版局

定価 2500円+税

著者は人間や人混みが苦手という稀有な写真家です。
魅力の一つに、誰もが見過ごしてしまうような被写体を丁寧に拾い集め作品化する感性は、真似のできないものです。
無造作に置かれた被写体の微かな声に耳を傾け、声が光となってレンズを通る間に具象から抽象を抽出していくのです。巷の有象無象を映像化する発見や微妙な間合いがなんとも言えない作品となって現れるのです。
今回の写真集「たぬきのひるねー京ろうじー」は、誰もが思い浮かべる京は登場しないものの、路地を歩きながら見つけた洒脱でユーモラスな京話しが満載です。
何度も足を運んだ京都通でも、もう一度行きたいと思わせる発見が詰まった写真集です。(尾辻弥寿雄)

buyit