JRP・現研公開講座《シンポジウム》のご案内

先般JRP出版局より刊行した「写真集で見るJRP50年現研40年」に掲載された写真を見ながら、その時代、その社会、人間は写真はどう捉え、今に伝えているか、そして今写真で何が出来るかを考えたいと思います。

日時 8月3日(月) 午後6時~

報告・発言 英伸三・関次男・尾辻弥寿雄・山本やすこ  聞き手 鈴木純平

参加費2,000円

お申込は事務局まで。

こちらから詳細をご覧頂けます。

5月18日公開講座開催します。

現研では、不定期に公開講座を開催しています。

英伸三所長による「誕生から青春まで」とテーマに講座を行います。

日 時 5月18日(月) 午後6時半~8時半
会 場 現代写真研究所教室
参加費 2,000円

皆様のご参加をお待ちしています。

4/18(土)公開講座のお知らせ

現代写真研究所では、写真家・研究者から直接写真の撮り方、考えを聞く公開講座を随時に開催しています。この講座は、当所の研究生ばかりでなく、写真を愛し、写真で何かをしよう、写真の可能性を探ろうと考えている人のための講座です。
今回は、現在新宿アイデムフォトギャラリー「シリウス」で写真展を開催中の写真家の橋本紘二さん(元 現研教務主任)から写真集「雪国春耕」を通して「記録とは何なのか」をお話ししていただきます。

2015年4月18日(土)18:30~20:30
参加費:現研生・OB・JRP会員(¥1,000)一般(¥1,500)
会 場:現代写真研究所6F教室

皆様のご参加をお待ちしております。
お申し込み・お問い合わせは事務局まで